薄切り!?それとも角切り!?牛バラはどんなお料理にも合う牛肉です!


みなさん、こんにちは!世の中にはたくさんの種類のお肉がありますが、当店で取り扱っているブリスケってどんな牛肉なの?もう少し詳しく知りたいなと思っている方のために今日はブリスケについてのお話です。

実はブリスケは使い勝手が良い牛肉として知られているんです!なぜなら薄くスライスしても角切りにしても使えるのでお好みに合わせてお料理ができるからです。

この記事では、ブリスケがどんな牛肉なのか、オススメのお料理方法とあわせて簡単にご紹介します。 ブリスケのことを知って牛肉選びの楽しさにつなげていただければと思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ブリスケは肩バラ肉!



ブリスケとは牛の前足の内側(胸部)にある肩バラ肉の部分を指します。よく運動する部位なので肉質はキメ細かく硬めですが赤身と脂のバランスがよいお肉です。

コラーゲンが豊富で嚙めば噛むほどうま味が出るのが特徴で、脂を処理することにより赤身のみとすることもできます。別名では「コウネ」と呼ばれることもあります。

ブリスケはどんな料理にも合う!



ブリスケのオススメの料理方法は薄くスライスするなら焼肉、しゃぶしゃぶ、すき焼きなどがオススメです。焼いて食べる場合の焼き加減では「ミディアム」な状態が美味しいと言われています。

薄くスライスすることで小さいお子さんや高齢の方も食べやすくなるので幅広い年齢層に適しています。
また、角切りにしてビーフシチューや煮込み料理にすることでお肉が柔らかくなり、スライスの時とは違った食感を楽しめます。とろとろに煮込んだお肉は濃厚で味わい深くなるのでちょっとしたイベントの時にピッタリです!

いかがでしたでしょうか。薄くスライスしたり角切りにしたりすることでお料理のバリエーションも増えていろいろなかたちでブリスケを美味しく食べることができます。ちょっと試してみようかなと思っていただいた方は、当店では鹿児島黒牛ブリスケを取り扱っていますので下記の商品ページからチェックしてみてください。

今日からの牛肉ライフにブリスケを取り入れていただけると幸いです。
それではまたお会いしましょう!