美味しい牛肉を台無しにしない!最高の解凍方法


皆さんは牛肉をどうやって解凍していますか?
せっかくの美味しい牛肉も解凍方法を間違えると台無しになってしまいます。
今回は絶対間違えない、牛肉の最高の解凍方法を伝授いたします!!

 

【結論】冷蔵庫に入れておくだけ!

牛肉を上手に解凍するには、低温でゆっくりと解凍することが大切です。
なぜなら、時間をかけて解凍することで肉の細胞が傷つかず、さらに溶け出てきた水分を再吸収してくれるので、「ドリップ」が流出しづらくなるからです。
反対に急速に解凍すると、肉の細胞内に出来ていた氷によって、溶けた肉の細胞が傷つけられてしまい「ドリップ」がたくさん出てきてしまいます。

ドリップには肉の水分、栄養素、うまみなどが含まれています。
そのためドリップが多いと、ぱさぱさとした美味しくない肉になってしまうのです。

つまりは、ドリップをなるべく抑えて解凍することが、美味しい牛肉を最高の状態で解凍することになるのです。

その方法はとっても簡単!冷蔵庫にそっと入れておくだけです。
ミンチやスライス肉であれば、朝に冷蔵庫(チルド室)に移せば、夕飯までには美味しく解凍されます。

冷蔵庫の温度は、3~5℃(ドアポケットは6~9℃)、野菜室は3~7℃、チルド室は約0℃となっています。
おすすめの解凍場所は、チルド室→冷蔵庫(下段→上段)→野菜室の順で、保存場所の温度が高くなるほどドリップの量も多くなります。
なお、肉を解凍する際は包装容器に傷が入っていることもあるので、万が一のドリップ流出で庫内が…!!!とならないためにも、トレイなどに置いて冷蔵庫に入れることをおすすめします。

チルド室での解凍時間は、スライス肉は半日、ステーキ肉は1日、ロースト肉は1.5日、塊肉は2~3日で、解凍後はそのまま冷蔵庫で2日ほど鮮度を保って保存できます。
冷蔵室はチルド室より高温なので、上記時間の半分ほどで解凍できます。

 

一度解凍した牛肉を再冷凍することはやめておきましょう。

冷凍で販売されている牛肉は美味しさが失われないように冷凍しています。
解凍が上手くできても、家庭用の冷凍庫で再冷凍してしまうと牛肉の味は落ちてしまいます。
解凍後は冷蔵庫で保存して美味しく食べきりましょう。

 

そうは言っても、そんなにゆっくり待ってられない!というときには…

どうしても今使いたい!半日も待っていられない!というときには「流水解凍」をおすすめします。
牛肉をビニール袋に入れ、なるべく空気を抜いて口を縛りボウルに沈めたら、蛇口から細く出した水をボウルに流し込みます。
もし牛肉が浮いてくるようなら、皿などで抑えて完全に沈めるようにしてください。
冷蔵庫で解凍するよりはドリップが多くなりますが、解凍時間は半分以下になります。

 

常温解凍、ダメ!絶対!

とっても急いでいるからといって常温解凍はやめましょう。
菌が繁殖して食中毒になってしまうかもしれません。

 

最高の解凍方法で最高の牛肉を食べよう!

イベントなどで牛肉を使用する際は、時間に余裕をもって解凍しておきましょう。
なお、調理する際は30分前には冷蔵庫から出しておきましょう。
常温に戻すと熱の通りが均一になり、焼きムラを防げます。

最高の牛肉を最高の状態で食べましょう!
日頃のストレスも、眠れないほどの悩み事も、牛肉と一緒に溶けてなくなることでしょう。
(これは筆者の願望であります。)

あなたも最高の牛肉ライフを!!!!

 

ステーキを楽しむなら

当店では鹿児島黒牛サーロインステーキセットをご用意しております。

2017年9月に和牛の品評会『全国和牛能力共進会』で日本一の和牛に輝いたこの黒牛のサーロインです。

きめ細やかな美しい霜降りが特徴で、脂の融点が低いためジューシーでとろけるような食感をお楽しみいただけます。