10,800円以上のご購入で送料無料!送料全国一律1,320円(一部地域除く)

牛肉は最強の栄養食? ②


こんにちは!みなさん、よい牛肉ライフを送っていますか?
今回は「牛肉は最強の栄養食?」というお話と、その中でも「鹿児島黒牛が最強の栄養食!」というお話の2つを3回に分けてお送りしようと思います。
前回に続いて「牛肉は最強の栄養食?」というお話(後編)です。

どうぞお付き合いください。

 

食べると幸せになれる!

美味しい牛肉を食べて「う~ん…幸せ!!!」ということではありません。
牛肉には必須アミノ酸のひとつ「トリプトファン」が豊富に含まれています。
この「トリプトファン」は、心のバランスを保ってくれる「セロトニン」という物質を作り出します。
そしてこの「セロトニン」は、気持ちを穏やかにして心を安定させてくれるので「しあわせホルモン」と呼ばれています。
つまり牛肉を食べると、「しあわせホルモン」が現れ、あなたを幸せにしてくれるのです。

 

 

 

脂肪の燃焼を促進してくれる!

わたしたちは、食事で摂取した脂肪を燃焼させ、エネルギーに変えています。
エネルギーに変えられなかった余分な脂肪は、内臓脂肪や皮下脂肪となってしまいます。恐ろしい…!!!

必須アミノ酸から合成される「カルニチン」は、脂肪の燃焼を促進してくれます。
しかし「カルニチン」は、年齢とともに体内で作られる量が減ってしまうのです。
これが年を取るとぜい肉が増える原因で、体脂肪を減らすためには積極的に「カルニチン」を摂取することが大切です。

牛肉には、他のお肉に比べてたくさんの「カルニチン」が含まれています!!

 

まだまだある!凄い牛肉のチカラ!!

【オレイン酸】
「オレイン酸」には、動脈硬化を予防する働きがある「善玉コレステロール(HDL)」を減らさず、動脈硬化や心臓病、高血圧の原因となる「悪玉(LDL)コレステロール」だけを減らす効果があるといわれています。
また、脂肪は酸化が進むと、体内で活性酸素と結びついてDNAに損傷を与え、がんや動脈硬化、心疾患や脳疾患、糖尿病などの原因になりますが、オレイン酸は酸化されにくく、がんや生活習慣病などを予防する効果があるのです。

【アラキドン酸】
「アラキドン酸」には血圧や免疫を調整したり、脳機能を担う神経細胞の生成を促す働きがあります。
「アラキドン酸」は脳内で「アナンダマイド(至福物質)」という物質に変化し、セロトニン(しあわせホルモン)と同じく、幸福感や高揚感をもたらし、ストレスを和らげてくれる効果があるのです。

【ステアリン酸】
「ステアリン酸」は飽和脂肪酸ですが、最近の研究で「オレイン酸」と同じように「善玉コレステロール(HDL)」を増やし、「悪玉(LDL)コレステロール」を減らす働きが見つかりました。
また、牛肉に多い「ステアリン酸」には、強い抗酸化作用もあり、免疫力を向上させ美肌効果も期待できる、最高のアンチエイジング成分なのです。

 

 

牛肉最高!

ここまで2回にわけて牛肉の栄養素について紹介してきましたが、紹介できていない栄養素がまだまだあります。
牛肉にはとてもたくさんの栄養素が含まれていて、完全食と言いたくなる気持ちがわかりますね!
食事はバランスよく食べることが大切ですが、献立に牛肉を取り入れることで効率よく栄養を摂ることができると思います。

次回、「鹿児島黒牛が最強の栄養食!」お楽しみに。

 

美味しい牛肉が食べたくなったら…

当店では和牛焼肉セットを約1kgの大容量でご用意しております。

和牛焼肉セット 1kg

和牛を焼肉でたっぷりお楽しみいただけるセットをご用意いたしました。

1セットをご家族で、おまとめ買いでお友達やご親戚と、美味しい和牛をぜひご堪能ください!