牛肉は最強の栄養食? ①


こんにちは!みなさん、よい牛肉ライフを送っていますか?
今回は「牛肉は最強の栄養食?」というお話と、その中でも「鹿児島黒牛が最強の栄養食!」というお話の2つを3回に分けてお送りしようと思います。

まずは「牛肉は最強の栄養食?」というお話(前編)です。
どうぞお付き合いください。

 

牛肉は完全食?

2年ほど前とあるSNSに、ドラ〇もんっぽい愛称で有名な、某実業家の方が「牛肉は完全栄養食だよ。」と投稿されていました。

どのような背景で、この投稿に至ったかはわかりませんが、牛肉が持っている素晴らしすぎる栄養素については、ぜひ知っていただきたいと思います。

 

 

牛肉は栄養の宝庫だった!

牛肉にはたくさんの栄養素が含まれていて、とっても素晴らしい食材なのです。
健康、美容、ダイエット、スポーツ、メンタルヘルスなどなど…
たくさんの分野から注目を浴びている牛肉を食べると体に良いことがたくさんあります。
(もちろん食べすぎはよくないですが…)
では、詳しく解説していきます。

 

 

アミノ酸スコアは100!

体内のたんぱく質は約20種類のアミノ酸からできています。
このうち体内で作り出せない9種類のアミノ酸(イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン)を「必須アミノ酸」といい、それぞれにカラダを作る働きがあり、1つでも不足してしまうと、その少ない量を目安としたたんぱく質しか生成できず、健康なカラダを維持する事が出来なくなってしまいます。

たんぱく質を摂取する場合には、この必須アミノ酸のバランスがいいものをとることが大切です。
そうは言っても、どの食べ物にどれだけの必須アミノ酸が入っているか分からないですよね。

そこで9種類の必須アミノ酸の含有率を数値化した「アミノ酸スコア」を使用します。
値が100に近いほど9種類の必須アミノ酸のバランスが良く、質が高いことを示します。
そして牛肉のアミノ酸スコアは、なんと100です!!!

 

ヘム鉄か、ヘム鉄以外か

牛肉には「ヘム鉄」が含まれています。
鉄分には、肉や魚に含まれる「ヘム鉄」と、野菜や穀物に含まれる「非ヘム鉄」があり、体内への吸収率は「ヘム鉄」の方が圧倒的に高くなっています。
鉄分不足は、貧血や疲労、免疫力低下の原因になります。
また鉄分は汗などと一緒に体外に排出されてしまいます。
毎日「ヘム鉄」を摂ることが貧血予防だけでなく、健康維持に大切なのです。

 

体内の酵素の司令官、亜鉛司令

「亜鉛」は、体内の様々な酵素を正常に働かせるために必須のミネラルです。
生命の維持や細胞の正常な分化に深く関わっていて、不足すると皮膚疾患、味覚障害、免疫力低下など、様々なカラダの不調の原因になります。
カラダにウイルスや細菌が侵入したときに感染を防いでくれる免疫細胞の力を高めるのも「亜鉛」の働きです。
牛肉には「亜鉛」が多く含まれていて、食べると一緒に「亜鉛」の吸収を助ける「動物性たんぱく質」も摂取できます。
「亜鉛」を摂ることは、健康や発育のために大切です。

 

後編(牛肉は最強の栄養食? ②)へ続く。

 

美味しい牛肉が食べたくなったら…

当店では和牛焼肉セットを約1kgの大容量でご用意しております。

和牛焼肉セット 1kg

和牛を焼肉でたっぷりお楽しみいただけるセットをご用意いたしました。

1セットをご家族で、おまとめ買いでお友達やご親戚と、美味しい和牛をぜひご堪能ください!