鹿児島黒牛とは


和牛生産日本一の鹿児島県で育てられたブランド牛「鹿児島黒牛」は、そのきめ細やかな肉質と美しい霜降り、見た目以上のとろけるような食感と濃厚な旨みで、2017年に行われた全国和牛能力共進会という品評会で日本一に輝きました。

美味しさと品質の追求から誕生

現在、鹿児島県は和牛の肥育頭数が日本一で、全国シェアの約2割を占めています。鹿児島で古くから飼育されてきた黒毛和種をさらに美味しく品質の良いお肉にしようと、先人たちが研究と改良を重ね誕生したのがこの鹿児島黒牛です。

日本一の味は徹底された飼育管理から

南国の温暖な気候と豊かな自然に恵まれた土地で、その風味や味わいを良くするために特別に配合された飼料を与えられ、3年もの長いをかけて愛情たっぷりに育てられます。その徹底した体調管理は子牛を産む母牛の栄養管理からはじまり、子牛が生まれてからも、えさの食べ残しがないか、風邪を引いていないかなど、AI技術も駆使しながら一頭一頭大切に育てています。

KAGOSHIMA WAGYUとして鹿児島から世界へ

手塩にかけて育てられた鹿児島黒牛の味は「KAGOSHIMA WAGYU」としてアメリカや香港など海外からも注目を集めており、その美味しさは世界へと広がっています。

日本一の味をご家族やお友達とお楽しみいただけます

2017年に行われた全国和牛能力共進会で日本一に輝いた鹿児島黒牛。日本で育てられた和牛ならではの美しい霜降りと、旨みの強い赤身との絶妙なバランスを持つ鹿児島黒牛をぜひこの機会にご堪能下さい。